FC2ブログ

スポーツ雑記

2018.08.07 09:55|イベント
スポーツ雑記1-バドミントン

スポーツの分類には様々あるが、『競技スポーツ』に対して『生涯スポーツ』という分け方がある。前者は記録更新を求め、順位を競うもの。後者は楽しみながら健康づくりをし、社交の場を広げるものである。
『競技スポーツ』の最高峰は世界選手権やオリンピックである。先日のバドミントン世界選手権では、日本選手が大活躍した。私が注目したのは、日本男子初の優勝を果たした桃田選手であった。
地元中国の石宇奇選手の強烈スマッシュを何度も止め続けた。優勝インタビューで彼はこうコメントした。「相手のウイニングショットを止めるのが僕のプレー。守り勝つ試合ができた」と----。勿論試合であるから攻めは必要である。攻めで得られる得点には強烈な高揚感がある。しかし守り抜くことで得た得点には、何とも言えない爽快感がある。
欲しいものを攻めて奪い取るよりも、大事なものは守りきるというところに美徳のようなものを感じてしまうのは私だけであろうか。
8月6日の朝日新聞の朝刊には、桃田選手に関し、次の3点が記載してあった。
・ 度々多くの方達への感謝を口にしたこと。
・ 違法賭博で一年半の出場停止期間に、自分を鍛え直す努力を一心にやり遂げたこと。
・ 過ちと向き合って、心技体を兼ね備え、世界の頂点に立ったこと。
本当に素晴しい。あの騒動から一年半、桃田選手は与えられたチャンスを生かし切ったのだ。
人の持つ諸々の力を、最大限に発揮し切った姿は感動的である。東京オリンピックまで後二年、彼を負かすための研究が世界中で行われるであろう。桃田選手はそれを凌ぐ努力をするであろう。これが『競技スポーツ』の醍醐味である。

さて、我々は世界トップクラスの『競技スポーツ』は観て楽しむしかありませんが、やって楽しむ『生涯スポーツ』は、誰にも開かれています。暑い盛りですが、以下にご案内の“永福体育館謝恩イベント”に是非お越し頂き、楽しんでください。

20180804sozai_file1永福体育館イベントーブログ用
| 2018.11 |
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

永福体育館

Author:永福体育館
杉並区永福3-51-17
03-3328-3146
開館9~21時

施設ご利用の皆様へ(必読)
アクセス
施設概要

最新記事

アーカイブ

カテゴリ

最新トラックバック

リンク

RSSリンクの表示

検索フォーム

ご訪問ありがとうございます

  • ページトップへ
  • ホームへ